第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠 第1類医薬品 肌触りがいい 薬剤師からの問診メールに返信が必要となります SM 第一三共ヘルスケア,ガスター10,S錠,ダイエット、健康 , 医薬品、医薬部外品 , 胃腸薬 , 食べすぎ、胃痛、胸焼け,6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品),fundashonforma.com,449円,/legalist1241996.html 第一三共ヘルスケア,ガスター10,S錠,ダイエット、健康 , 医薬品、医薬部外品 , 胃腸薬 , 食べすぎ、胃痛、胸焼け,6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品),fundashonforma.com,449円,/legalist1241996.html 第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠 第1類医薬品 肌触りがいい 薬剤師からの問診メールに返信が必要となります SM 449円 第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品) ダイエット、健康 医薬品、医薬部外品 胃腸薬 食べすぎ、胃痛、胸焼け 449円 第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品) ダイエット、健康 医薬品、医薬部外品 胃腸薬 食べすぎ、胃痛、胸焼け

第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠 第1類医薬品 肌触りがいい 薬剤師からの問診メールに返信が必要となります SM 絶品

第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品)

449円

第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品)

●胃の症状の原因となる胃酸の出過ぎをコントロールし、胃粘膜の修復を早める薬で、胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬です。
●本剤は口の中の水分を含むと速やかに溶け崩れ、水なしでも服用できる口中溶解タイプの薬です。
●初回購入の場合や不明点がある場合は購入前に薬剤師に相談してください。


使用上の注意●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は服用しないで下さい。
(1)ファモチジン等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ)を起こしたことがある人
(2)医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人
血液の病気、腎臓・肝臓の病気、心臓の病気、胃・十二指腸の病気、ぜんそく・リウマチ等の免疫系の病気、ステロイド剤、抗生物質、抗がん剤、アゾール系抗真菌剤
(白血球減少、血小板減少等を起こすことがあります)
(腎臓・肝臓の病気を持っている場合には、薬の排泄が遅れて作用が強くあらわれることがあります)
(心筋梗塞・弁膜症・心筋症等の心臓の病気を持っている場合には、心電図異常を伴う脈のみだれがあらわれることがあります)
(胃・十二指腸の病気の治療を受けている人は、ファモチジンや類似の薬が処方されている可能性が高いので、重複服用に気をつける必要があります)
(アゾール系抗真菌剤の吸収が低下して効果が減弱します)
(3)医師から赤血球数が少ない(貧血)、血小板数が少ない(血が止まりにくい、血が出やすい)、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある人
(本剤が引き金となって再び血液異常を引き起こす可能性があります)
(4)フェニルケトン尿症の人
(本剤はL-フェニルアラニン化合物を含んでいます)
(5)小児(15歳未満)及び高齢者(80歳以上)
(6)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないで下さい
他の胃腸薬
3.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい。

●相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人又は他の医薬品を服用している人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)高齢者(65歳以上)。
(一般に高齢者は、生理機能が低下していることがあります)
(4)次の症状のある人
のどの痛み、咳及び高熱(これらの症状のある人は、重篤な感染症の疑いがあり、血球数減少等の血液異常が認められることがあります。服用前にこのような症状があると、本剤の服用によって症状が増悪し、また、本剤の副作用に気づくのが遅れることがあります)、原因不明の体重減少、持続性の腹痛(他の病気が原因であることがあります)
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ、はれ
循環器 脈のみだれ
精神神経系 気がとおくなる感じ、ひきつけ(けいれん)
その他 気分が悪くなったり、だるくなったり、発熱してのどが痛いなど体調異常があらわれる。
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
症状の名称 症 状
ショック(アナフィラキシー) 服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症 高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。
横紋筋融解症 手足・肩・腰等の筋肉が痛む、手足がしびれる、力が入らない、こわばる、全身がだるい、赤褐色尿等があらわれる。
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
腎障害 発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢等があらわれる。
間質性肺炎 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
血液障害 のどの痛み、発熱、全身のだるさ、顔やまぶたのうらが白っぽくなる、出血しやすくなる(歯茎の出血、鼻血等)、青あざができる(押しても色が消えない)等があらわれる。
3.誤って定められた用量を超えて服用してしまった場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
4.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強がみられた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
便秘、軟便、下痢、口のかわき
効果・効能胃痛、もたれ、胸やけ、むかつき
(本剤はH2ブロッカー薬を含んでいます)

【効能・効果に関連する注意】
効能・効果に記載以外の症状では、本剤を服用しないで下さい。
用法・用量胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきの症状があらわれた時、次の量を、口中で溶かして服用するか、水またはお湯で服用して下さい。
年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上、80歳未満) 1錠 2回まで
小児(15歳未満) 服用しないで下さい
高齢者(80歳以上)
・服用後8時間以上たっても症状が治まらない場合は、もう1錠服用して下さい。
・症状が治まった場合は、服用を止めて下さい。
・3日間服用しても症状の改善がみられない場合は、服用を止めて、医師又は薬剤師に相談して下さい。
・2週間を超えて続けて服用しないで下さい。

【用法・用量に関連する注意】
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)本剤は口腔内で容易に崩壊しますが、口腔の粘膜から吸収されることはないので、口中で溶かした後、唾液で飲み込むか、水又はお湯で飲み込んで下さい。通常の錠剤と同様、そのまま水やお湯で服用しても効果に変わりはありません。
(3)本剤を服用の際は、アルコール飲料の摂取は控えて下さい。
(薬はアルコール飲料と併用しないのが一般的です)
●錠剤の取り出し方:錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用して下さい。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります)
成分・分量本品は白色の錠剤で、1錠中に次の成分を含有しています。
成分 分量 はたらき
ファモチジン 10mg 胃酸の出過ぎをコントロールします。
添加物:エチルセルロース、セタノール、ラウリル硫酸Na、トリアセチン、シクロデキストリン、香料、l-メントール、D-マンニトール、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、アメ粉、ステアリン酸Ca
保管及び取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。

この薬は決められた時間ごとに服用する薬ではなく、症状が出た時に服用する薬です。食事による影響はありませんので、食前・食後・食間いつ服用いただいても結構です。1回1錠で約8時間胃酸の出過ぎをコントロールしますので、1日2回服用する場合は8時間以上あけて下さい。
製造元本品についてのお問い合わせは、お買い求めのお店又は下記にお願いいたします。
第一三共ヘルスケア株式会社 お客様相談室
103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10
電話:0120-337-336
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝日を除く)

製造販売元
第一三共ヘルスケア株式会社
東京都中央区日本橋3-14-10
商品区分第1類医薬品
広告文責株式会社ケンコーエクスプレス 薬剤師:岩崎喜代美 TEL:03-6411-5513


使用期限:出荷時120日以上
医薬品販売に関する記載事項

第一三共ヘルスケア ガスター10 S錠 6錠(*薬剤師からの問診メールに返信が必要となります*)【SM】(第1類医薬品)

内視鏡検査で「とよしま内視鏡クリニック」が多くの患者さまに選ばれる理由


  • 腺腫発見率の高い
    「やさしい大腸内視鏡」


  • 苦痛の少ない
    「やさしい胃内視鏡」


  • 当院施行の内視鏡検査 患者様満足度
    内視鏡検査・手術の実績


  • 専門性の高い医師陣
    豊富な連携病院


  • 最新の医療設備と
    徹底した衛生管理


  • 小田急線 成城学園前 駅より徒歩3分
    ご来院しやすい環境を備えています

私共は患者様に胃・大腸内視鏡を苦痛を少なく受けて頂くことを大切に「やさしい内視鏡」を目指しております。

  • 内視鏡検査・手術は全例、消化器専門の医師が担当いたします。
  • 「苦痛の少ない内視鏡」「日帰り外来手術」を希望する方も多く来院されています。
  • 腺腫発見率・胃がん発見率の高い検査を行っています。
  • 最新機器を使用し、全例確実に消毒を行なっております。
  • 感染管理の徹底を行い、安全で安心な医療機関としてご来院いただけるよう尽力しております

とよしま内視鏡クリニックでは消化器専門医が精密な胃・大腸内視鏡検査を行っており、胃・大腸内視鏡検査件数は年間10,000件、大腸内視鏡手術(大腸ポリープ切除)は年間3,000件患者様に受診して頂いております。

ドクターズ・ファイルさんにご取材頂きました ぜひご覧ください

      

【看護師、准看護師、事務員募集のお知らせ】 

ご希望の方はお気軽にお問合せ下さいませ!

≪ご来院の前に必ずお読み下さい≫

 クリック【-緊急事態宣言下における当院の内視鏡診療の方針-】 

 クリック【-予約診療とお待ち時間-】

ご予約のお時間は診察開始の約束のお時間ではなく、ご来院いただく目安の時間です

<当院の滞在時間の目安> 0.5時間~1.5時間 ご了承の上ご来院下さいませ

内視鏡検査を検討されている方はご参考になさってください

◆条件付き送料無料◆バンパーステップ L型150mm R/L 足掛けなどに アルミ シマ板 滑り止め

クリック【ご来院の患者様への感染対策のお願い】

クリックIMAGENICS(イメージニクス) CRO-DVC13 ◆ DVI(HDMI)入力 アナログコンポジットビデオコンバーター

【 当院で実施している新型コロナウィルスの検査 】

2021年9月末より、新型コロナウィルス感染症の核酸検出法(NEAR法PCR法)検査、抗体定量検査を開始いたします。

無症状新型コロナウィルス感染を疑うような症状が無い)であること、コロナウィルス罹患者との濃厚接触歴がない方に限り検査を実施させて頂きます。 

                                                           2021年12月20日 更新

【診療に関するお知らせ】

【年末年始のご案内】

2021年12月30日(木)~2022年1月4日(火)
の期間を年末年始のため休診とさせていただきます。ご不便おかけ致しますがご了承下さいませ。
※12月30日(木)・1月4日(火)はお電話での対応を致しております。
診察・内視鏡検査の予約『お問い合わせ』『オンライン予約』等のお返事のみの対応となります。『お電話によるご診察』『お薬のご処方』は医師不在のため対応致しかねますのでご了承下さい。ご不便おかけ致しますがご了承くださいませ。

【当日の内視鏡予約に関しまして】

お食事を召し上がられてない場合、

予約の状況により当日緊急の胃内視鏡検査ができる場合がございます。

 

ご診察の上、医師の判断によりお受けできない場合もございますのでご了承ください。
ご来院の前に必ずお電話にてご確認ください。

2018年10月より木曜日を休診とさせていただき、

月に1-2回『日曜診療・祝日診療』を行っております。

近日の診療予定日: 

2022年 :  1月23日(

2022年 :  2月6日()・2月20日(

 

受付:完全予約制 午前8時30分 ~ 午後3時00分

予約が埋まりやすい傾向があるため、ご希望の方はお早めにご連絡下さいませ。

新型コロナウイルス肺炎に関するお願い 

1月15日時点、当院では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に積極的に取り組み、来院患者様をトリアージ致しております。

・新型コロナウイルス肺炎を疑う患者様

(下記参照)

・風邪・発熱・下痢・嘔吐等の症状のある患者様

(症状がなくなってから2週間以上の経過を待って、内視鏡検査、及び外来診療を行うこととしております)

・新型コロナウイルス(PCR検査)、感染が確定した患者様

(陽性の判定から2週間以上の経過、且つ症状がなくなってから3日間を待って、内視鏡検査、及び外来診療を行うこととしております)

また、『ご来院毎に<新型コロナウイルス感染症に関する問診票>』の記載をお願いしております。

ご不安・ご不明な点がございましたら、必ずご来院の前に事前にお電話にてご相談くださいませ。

院内感染防止対策のため、何卒ご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


新型コロナウイルス肺炎を疑う対象は、以下の3点です

(1)国外への渡航歴があり帰国後1ヵ月以内の方 (渡航歴のある人と接触した人も含む)

(2)新型コロナウイルス陽性の判定がでた人の濃厚接触者

(3)37℃以上の発熱、解熱剤を飲んでいる人。せき・息切れなどの呼吸器症状、お風邪の症状、せき止めを飲んでいる人、下痢・吐き気などの消化器症状のある人

 院内感染防止対策のため、事前のお電話やご来院の際、上記、(1)(2)(3)に関するご質問させて頂く場合がございます。

正確な診断をつけるため、身近な人に感染を拡げないためにも正確に申告して下さい。


上記(1)(2)(3)のいずれかに該当される方は

最寄りの保健所に、必ず電話でご連絡のうえ、指定された医療機関への受診をお願いいたします。

【連絡先情報】

・平日:世田谷区保健所感染症対策課  03-5432-2441 

   :厚生労働省電話相談窓口    03-3595-2285

・休日・夜間:東京都保険医療情報センター  03-5272-0303

 2021年1月15日

≪よくあるご質問≫-お支払い方法とご費用に関して- 

クレジットカードのご利用はできません。

一般診療、保険診療に関しましては、現金のみのご精算でお願い申し上げます。

<内視鏡検査ご費用の目安>

観察のみ~組織検査あり ⇒ 胃:¥3,500~18,000 ・大腸:¥5,500~20,000 

ポリープ手術の場合 ⇒ 胃:¥19,000~27,000 ・大腸:¥19,000~32,000

3割負担の場合の金額で、初再診料、事前検査分等の費用は含まれておりません。

大腸内視鏡検査

なぜ大腸内視鏡検査を受けるのか?
それは… 大腸がんを発見するためです。
また、大腸ポリープを切除し、大腸がんを予防するのも大きな目的です。

当院の内視鏡検査では、ハイビジョン・NBI内視鏡システムと色素法を取り入れ、大腸がんやポリープの早期発見を可能にしています。
前がん病変である大腸ポリープの手術の患者様、無痛大腸内視鏡を希望する方も多く来院されています。

大腸内視鏡の詳しくはコチラから

動画:『大腸内視鏡検査までの流れ・お食事の注意事項』

苦痛の少ない麻酔法の検査、苦痛の少ない口からの内視鏡検査をハイビジョンカメラで行っております

少量の麻酔薬(鎮静剤、睡眠薬)を注射し、胃カメラを受けて頂きます。患者様のご年齢、体重、安定剤の服用歴、前回検査時の麻酔投与量などから、麻酔方法を決定します。
ほとんどの患者様は眠っている間、もしくはボーっとしている間に検査を受けることができます。嘔吐反射の強い方、検査に対する不安の強い方にお勧め致します。
検査終了後は麻酔が覚めるまでベッドで休んで頂きます。

麻酔法で行う内視鏡の詳しくはコチラから

 

当院で麻酔法で施行した胃カメラの患者様満足度

UVカット率99%以上 水陸両用 バックポケット付 ハイウエスト レギンス ヨガ 麻酔法で施行した胃カメラを受診された患者様にアンケートを行った結果、94%の患者様より『苦しくなかった』とのご回答をいただきました。

世田谷区 ≪胃がん内視鏡検診≫ ≪胃がんリスク(ABC)検査≫

≪胃がん内視鏡検診≫ ≪胃がんリスク(ABC)検査≫ 共に当院にて実施しております。

世田谷区より書類の届いた対象の方はお気軽にご相談下さい。

※両検査を同日、同期間にお受けいただくことはできません。

胃がんリスク(ABC)検査を先にお受けいただく事をお勧めしております。


 

≪世田谷区の胃がん検診の目的≫

胃がん検診は症状の見られない健常者を対象とし、胃がんで亡くなる方を一人でも多く減らす目的で行われます。内視鏡(胃カメラ)検査にて胃の中を観察し胃がんかどうかを調べる検査です。

『世田谷区 胃がん内視鏡検診をご希望の方へ』 https://www.ichou.com/reserve/flow.html

『胃がん検診と保険診療での内視鏡検査の違い』 胃がん検診と保険診療での内視鏡検査の違い

 


≪胃がんリスク(ABC)検査の目的≫

ピロリ菌感染の有無を調べる検査(ピロリ菌抗体検査)と、胃粘膜の萎縮の状態を調べる検査(ペプシノゲン検査)で、将来胃がんになりやすいかどうかを判定する採血検査です。

   

 

 

研究に関しまして

当院では診療・医療技術の向上を目指した医学研究のため、診療により得られた情報を学会発表、研究で使用致します。

その場合、患者様の氏名・住所等の個人情報が、それらに掲載されることはありませんのでご安心ください。個人情報に関しては匿名化を行い適正に管理しております。

ご同意いただけない場合でも、患者様の診療に何ら影響することはなく、診療上の不利益をこうむることはありません。遠慮なくスタッフにお伝え下さいませ。


 

当院の研究活動は、医療法人社団  服部クリニック、『服部クリニック倫理審査委員会』にて審査・承認を得て活動しております。

最終審査・承認日 2020年9月

院長